ニュージーランドの旅行者向けの環境への配慮の指針をまとめた「ティアキ・プロミス」をご紹介!

ニュージーランドの美しい自然環境を守るための旅行者向けの行動指針  「ティアキ・プロミス(TIAKI Promise)」

ニュージーランド政府観光局(日本局長: 猪膝直樹(いのひざ なおき)、所在地: 東京都港区)は、6月5日環境の日にあわせて、ニュージーランドで提言されている、旅行者向けの環境への配慮の指針をまとめた「ティアキ・プロミス(TIAKI Promise)」をご紹介します。

 

 

ティアキ(TIAKI)とは、ニュージーランドの先住民マオリの言葉で「環境や人々を守る」という意味です。ニュージーランドの人々は大地との特別な絆を大切にしており、ティアキ・プロミスにまとめられた基本の姿勢は、この美しい国を守るため旅行者として、配慮するポイントを示しています。

大地や海や、すべての自然を守るために、優しい歩みで、足跡は残さない
安全に旅を楽しめるよう、気配りと思いやりの心を忘れない
ニュージーランドの文化を尊重し、柔軟な心で旅をする

 

 

自然を守る    クリーンに保つ   安全運転をする   準備を怠らない   敬意を払う



TIAKI Promiseを紹介した動画はこちら
https://www.newzealand.com/jp/feature/tiaki-care-for-new-zealand/

また下記のサイト(英語のみ)では、ニュージーランド渡航中に、「ティアキ・プロミス(TIAKI Promise)」を守ることを、事前に宣誓する意味も込めて、TIAKI関連画像をダウンロードして、自分のSNSでシェアする取り組みもあります。ぜひニュージーランドへのご旅行を予定されている方は、ご賛同ください。
https://tiakinewzealand.com/

最新の環境に配慮したアクティビティ、および宿泊施設の情報もあわせてご紹介します。

●Jucy (キャンピング&レンタカー会社)
日産のe-NV200をベースにした試作車で、2人の観光客が、13,000kmにおよぶ距離をニュージーランド国内で走り、実証実験を行いました。その結果をもとに、改良された電気キャンピングカーのレンタルが2019年6月から予約開始されます。

このクルマの開発に成功したJucy社のCEOのDan Alpe氏は、「観光客の方々はガソリンやディーゼルといった国外から輸入している高価な燃料に代わって、低価格で再生可能なエネルギーで動く電気キャンピングカーを利用すると、燃料費を低く抑えることができます。そのセーブしたお金で、ニュージーランドの観光をさらに楽しむことができ、ひいてはニュージーランドの経済の発展にも貢献します。」と話します。より詳細な情報はhttps://www.jucy.co.nz/useful-stuff/jucy-ev/

 

 

●Nightsky Cottage (ごみゼロのラグジュアリー・エコ・リトリート)
ごみゼロの世界へようこそ。北島のワンガヌイ地方にある、このコテージでは、一切プラスチックを使用しておらず、滞在中に使ったダンボール、紙、缶、プラスチック、ガラスはすべて回収して、再利用します。食べ残しも、コンポストにいれて肥料として活用します。シャンプーや石鹸などのバスルームのアメニティ、さらには、ディッシュウォッシャー用の洗剤など清掃用具一式、すべてニュージーランド産で100%自然由来の成分で、できる限りハンドメイドのものを選んでいます。上下水は、すべて自分たちでまかない、排水は、コテージ内で処理しています。より詳細な情報はhttps://www.nightskycottage.co.nz/

 

 

 

●de Preaux Lodge (エコフレンドリーなファームスティ)
北島のマタマタにあるJoyさんとIanさんが営むファームハウス。ハーブや野菜、パンなどの食材はすべて自家製で、卵も、近所の放し飼いの鶏の農家からわけてもらっています。また雨水は再利用され、施設内の水は3回ろ過されています。できる限りLEDを使い、ソーラーパネルで、電力を供給しています。
より詳細な情報はhttps://www.depreauxlodge.com/

 

 

●Sherwood Queenstown(エクスペディアに、世界で最もサステナブルなホテルとして選出される)
南島のクイーンズタウンにある、全80室のコミュニティホテルのSherwood Queenstownが、エクスペディアの選ぶ、世界で最もサステナブルなホテルに選ばれました。彼らは、施設を新しく作るのではなく、できるだけ既存の施設を大切に使い続け、改修する場合は、環境に負荷の少ない素材を選んで使用しています。また電気の供給はすべてソーラーパネルでまかない、食事の99%はニュージーランド産の原材料を使っています。野菜の葉物は、40%が自家製のオーガニックで、はちみつも自分たちで採集しているというこだわりようです。また地域の絆づくりに力をいれ、エコ教育や、健康のためのプログラムなど、コミュニティ作りにも投資しています。
より詳細な情報はhttps://media.newzealand.com/ja-jp/news/queenstowns-sherwood-named-one-of-the-worlds-top/

 

 

 

【ニュージーランド政府観光局について】
ニュージーランドをサステナブルで質の高いデスティネーションとしてプロモーションするため、国際的なマーケティング活動を行っています。毎年約380万人が世界中からニュージーランドを訪れ(2019年3月現在)、観光はニュージーランドの外貨収入における最大の収入源です。”100% Pure New Zealand”キャンペーンを通じて、ニュージーランドの魅力をより多くの方々へお伝えしています。世界で最も歴史の長い政府観光局として知られており、観光庁長官に任命された10名のボードメンバーを中心に全世界13の事務所で約150人のスタッフが働いています。

https://www.newzealand.com/jp/
https://www.facebook.com/purenewzealand
https://www.instagram.com/purenewzealand/
https://twitter.com/purenzinjapan
https://www.youtube.com/user/TNZJapan

本件に関するお問い合わせ先
ニュージーランド政府観光局 PR担当 ・石井(キャンドルウィック株式会社内)
Tel: 03-6261-6050 Fax:03-6261-6051
E-mail: newzealand@candlewick.co.jp






    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です