【リーガロイヤルホテル京都】≪時期限定≫「KYOのフレンチ」を婚礼部門で販売開始

リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区東堀川通り塩小路、総支配人・荻田 勝紀)では、約400年の歴史を繋ぐ京都・鷹峯「樋口農園」で代々受け継がれる京都産野菜を使用した婚礼メニュー「KYOのフレンチ」を2019年1月12日(土)より提供開始します。

 

 

約400年、脈々と守り受け継がれてきた京都・鷹峯「樋口農園」の野菜。リーガロイヤルホテル京都では、レストラン「懐石フランス料理 グルマン橘」にて「樋口農園」の野菜を使用したメニューを販売しており、レストランシェフが自ら野菜を採りに行き、新鮮な野菜を活かしたメニューが好評です。

今回新たに婚礼にて、樋口農園 14代目 樋口昌孝  (ひぐち まさたか)氏の貴重な野菜を使用した料理を販売します。京都産野菜を存分に堪能していただくため、野菜の種類が豊富な冬から春にかけて時期限定の商品で、新郎新婦様はもちろん、結婚式に参列される京都府内外のゲストに、京都産野菜の魅力が詰まった新メニューをご堪能いただけます。

詳細については次の通りです。

 

 

◆◆≪時期限定≫「KYOのフレンチ」概要 ◆◆

【適応期間】 2019年1月12日(土)~3月31日(日)、

2019年10月1日(火)~2020年3月31日(火)

【料  金】 お一人様 17,000円(20,196円)

※( )内は税金8%、サービス料を含みます。

※法令改正・消費税率の変更に伴い、総額が異なる場合がございます

【「KYOのフレンチ」メニュー】

・宴の初めに五種の前菜盛り合わせ(蕪のブランマンジェと野菜のアスピック キャビア添え/蟹の湯葉巻きロール/京漬物手毬寿司/真鯛とサーモンのタルタル仕立て/小松菜のお浸し)

・白味噌に漬け込んだフォワグラのソテーと樋口農園のさつま芋とともに

・滑らかな樋口農園 聖護院かぶのクリームスープ

・カナダ産オマール海老のフリカッセ 旬のほうれん草を添えて

・一保堂ほうじ茶のグラニテ

・国産牛フィレ肉のローストにエシャロットバターと樋口農園の野菜たち トリュフ香るペリグーソース

・京都産抹茶のパルフェと旬のフルーツ 百花蜜のアイスクリームとともに

・一保堂のほうじ茶 または コーヒー

 

 

【ご参考】 樋口農園(ひぐちのうえん)

京都市北区の鷹峯で約400年の歴史を繋ぐ樋口農園。昔ながらの栽培技術を受け継ぎ、今も素晴らしい農園を守り続ける、樋口農園14代目 樋口昌孝氏が育てる野菜は「鷹峯とうがらし」「鷹峯ねぎ」を代表に年間30~40種類生産されています。

「食べて美味しい、安心を届ける」をモットーに育てられた野菜がどのように調理され、お客様の口に届くのかを常に意識し、日々の野菜作りに取り組まれています。

【住  所】 京都市北区鷹峯土天井町5

【営業時間】 9:00~17:00(定休日なし)

■■■お客様お問い合わせ先■■■

リーガロイヤルホテル京都

TEL 075-361-3335(ブライダル課)

平日11:00~19:00、土日祝9:00~19:00

※火曜定休

URL https://www.rihga.co.jp/kyoto

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です