「スーツケースミステリー」日本人と外国人が一緒に働く職場でも、全員で楽しむ事ができるサービス!

あなたのオフィスで本格的な謎解き脱出ゲームのチームビルディング!INVITE JAPAN 株式会社。ビジネス向け「スーツケースミステリー」を拡充。コミュニケーションを高めて強い組織を作ろう!
(English release follows Japanese below.)

体験型謎解き脱出ゲームを活用したチームビルディングサービスを提供するインバイトジャパン株式会社(旧社名:エスケープハントジャパン、所在地:東京都台東区浅草)は、出張型の「スーツケースミステリー」の拡充を発表した。設置に1時間もかからず、本格的な謎解き脱出ゲームによるチームビルディングを100名で同時に行うことも可能だ。INVITE JAPAN の従来のサービスと同様、日本語と英語での同時プレイが可能なバイリンガル対応。日本人と外国人が一緒に働く職場でも、全員で楽しむ事ができる。

 

 

「スーツケースミステリー」は、出張型のチームビルディングサービスとして、2017年10月にリリース。社内イベント、国際会議、中堅社員研修の他、新入社員研修や内定者研修でも活用されてきた。謎が詰まったスーツケースを会場に持参して設置するだけなので、スムーズに本格的な謎解き脱出ゲームを行うことができる。これまでは、30~40名程度の小規模グループ向けのみの開催だったが、100名規模での実施要望が多かったことに対応し、この度サービスを拡充した。

訪日外国人数の増加に伴い、個人旅行者だけではない。企業の国際会議・学会・展示会をはじめとする、いわゆるMICEで日本を訪れる人々も増えている。この際に求められるのが、参加者同士のコミュニケーションを促進する、楽しくて会話が弾むチームビルディングイベントだ。「スーツケースミステリー」は、様々な規模のグループに対応する事ができ、言葉や文化の違いを超えて一緒に課題を解決して成功体験を共有できることから、IT・情報サービス、製薬、金融、メーカー、アパレル、運輸等々の様々な業種で活用されている。

インバイトジャパンは、アナログな「体験」を中心に、様々な趣向を凝らした大道具小道具を駆使して非日常のミステリーを作り上げる。なめらかな手触りや、カチッと凹凸がかみ合った時の感覚、大きなパズルのピースを仲間と力を合わせて組み上げるワクワク感…。五感が刺激される謎の数々についつい引き込まれ、仲間と謎に没頭するうちに自然と連帯感が生まれる。

 

 

「デジタル全盛時代。私たちの脳は絶えず様々な割り込みに煩わされています。パソコンで資料を確認している最中にもSNSの新着通知やニュースなどに集中を妨げられてしまうことがしばしば。目の前にいる人に集中して会話することもままならず、相手の話にも上の空でスマホでメッセージを確認したり返答している人も多く見られます。そんな忙しいビジネスパーソンの心をつかみ、60分集中してもらうには、とびきり楽しくて、引きつけられる状況を作るのが一番。それが、我々が提供する謎解きチームビルディングです。『パソコンを閉じなさい』『スマホを見てはいけません』と言ったところで、大人は素直に従いません。でも、誰だって楽しくて興味をひかれるものには知らず知らずのうちに夢中になるものですから。」(インバイトジャパン株式会社 代表取締役 山田)

チームビルディングの様子を見ると、確かに盛り上がっている。ビジネススタイルの大人たちが夢中になって床にカードを広げたり紐の両端を握って、あぁだこうだと議論に花を咲かせている様子は、微笑ましくすらある。「期待以上の楽しさで、みんなから面白かったという声が上がりました。」(ハイテクメーカー・人事担当)、「普段からソフトウェア開発をしているので、謎解きなんて簡単だと思っていました。でも、普段とは違う頭の使い方が求められて、思いのほか苦戦したところがより楽しかったです。柔軟な思考力や発想力が強化されました!」(ITサービス・開発部)等々、利用企業からも好評価を得ている。

新年・新年度とキックオフや歓迎会が増える時期。職場で謎に没頭して気分をリフレッシュし、強い組織を作るのはいかがだろうか?

詳しいお問い合わせは….

 

 

脱出ゲーム 「なぞばこ」

https://www.nazobako.jp

 

 

インバイトジャパン株式会社

https://invitejapan.com

 

住所:東京都台東区浅草1-10-5 KN浅草ビル6F

TEL:03-6231-6621営業時間:9:45~19:30(最終受付)

アクセス:メトロ「田原町駅」4分、メトロ「浅草駅」6分、都営浅草線「浅草駅」6分、

つくばエクスプレス「浅草駅」1分

 



 

【関連情報】https://invitejapan.com/info/20181221smjp/

— English release —

An Authentic Escape-Game-Style Team-building Experience Right At The Office!

Invite Japan, Ltd. is Expanding Its Popular “A Suitcase Mystery” Game: Increase Communication and Strengthen Organizations

 

 

Invite Japan, Ltd. (formerly known as Escape Hunt Japan), based in Asakusa, Tokyo, specializes in offering interactive escape games and a wide range of team-building experiences and services, and is currently expanding its “A Suitcase Mystery” dispatch game.   Taking not even an hour of setup, the game offers a small scale escape game experience for up to 100 people at once. As with all of Invite Japan’s services, “A Suitcase Mystery”is designed as fully bilingual (Japanese and English), so that mixed Japanese and non-Japanese groups can fully enjoy their experience together.

Released in October 2017, “A Suitcase Mystery” dispatch game was designed with events like international conferences, and mid-level and new employee training sessions in mind, although it can be used for many other kinds of events as well. The basic concept is that Invite Japan will bring and set up suitcases filled to the brim with different puzzles for the groups to solve, similar to a mini escape game. Until now “A Suitcase Mystery” has been played by smaller groups of around 30~40 people. However, with an expansion of services underway, Invite Japan is preparing to increase the offering available to 100 people.

As everyone knows well enough, more and more foreigners are coming to Japan, and not just tourists. Participants of international meetings, academic conferences, expos, and other events that are encouraged by MICE to come to Japan are increasing. What the organizers for such events often want are activities that promote communication between participants in a fun way, such that it will allow them to break the ice and talk more freely. “A Suitcase Mystery” promises to do this, for groups made up of different cultures and languages, and across industries, from IT to pharmaceuticals, finance to apparel. Group members will be able to have fun solving challenges together, despite any differences they may have.

At the heart of Invite Japan’s service is its focus on interactive, physical experiences, and has put together challenges that utilizes objects of different sizes and textures. It is also an activity in which  participants must combine and work together in order to complete successfully, utilizing each other’s skills and senses, and sharing in the sense of accomplishment when they finish a puzzle. Before they even realize it, team members open up, grow closer, and establish a sense of team unity, all within the span of an hour.

“We are in a digitalized age. Our brains are constantly being bombarded with interruptions. How often is it that our concentration is impeded when we check financial statements, SNS, or the latest news on our computers. We can no longer sit down and actually have a conversation with someone without getting distracted and checking our text messages on our smartphones. So the number one goal for us is to grab the attention of such business people and hold it for at least 60 minutes by giving them an out-of-this-world experience. That’s the most important thing. And that’s what we offer with our team-building challenges every time. Even if you ask them to shut their computer, or not look at their phone, some adults still won’t listen. But, if you can pique their interest with something else, before they know it they will be hooked.”

Looking at team-building from this point of view, it is indeed exciting. Professional business people concentrating hard, spreading cards around on the floor and  grasping at strings, as well as the lively discussions about what to do next and how to go about it, are all normal scenes at “A Suitcase Mystery”:
“It was way more fun than I expected, and everyone enjoyed themselves and got into it.”
(High-tech manufacturer–HR)
“Usually I develop software, so I assumed this would be a piece of cake. But the puzzles used a different part of my brain than usual, so even though it was a challenge, it was really fun!”
(IT service company-Development Dept.)

The new year marks the perfect time to start thinking about kickoffs, welcome parties, and other big company events. Why not make this year more interesting by inviting an escape game?

ESCAPE GAME NAZOBAKO INVITE JAPAN

KN AsakusaBldg. 6F, 1-10-5, Asakusa, Taito-ku, Tokyo 111-0032 Japan

Phone: 03-6231-6621

https://invitejapan.com/

 

 

ESCAPE GAME NAZOBAKO

https://www.nazobako.jp/

 

 

 

INVITEJAPAN

https://invitejapan.com/en/

【Information】https://invitejapan.com/info/20181221smeng/

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です