ハワイ旅行をサポートする JAL オリジナルの お役立ちアプリ「マカナちゃん」情報探し迅速に対応!

(共同リリース)IBM Watsonの情報探索(Discovery)機能を活用し、ハワイの最新情報を提案します

~バーチャルアシスタント「マカナちゃん」第4弾~

 

 

 

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)は日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長: エリー・キーナン、以下「日本IBM」)およびクオント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:足立和久、以下「クオント」)の協力により、チャット形式の自然な対話で、ハワイの現地情報やおすすめスポットを回答するバーチャルアシスタント「マカナちゃん」の機能を強化し、12月19日からハワイ特化型アプリ「HAWAIICO(ハワイコ)(*1)」において新サービスを開始します。

(*1)ハワイ旅行をサポートするJALオリジナルのお役立ちアプリ。ハワイ観光局などから発信される記事も多数掲載しており、おすすめスポットや観光情報の提供をしています。https://hawaiico.net/app

 

 

〈画像イメージ〉

今回の機能強化により「マカナちゃん」から、より幅広く最新の、旬な情報をお届けできるようになります。今までは、利用者が質問を入力すると「マカナちゃん」に事前に学習させた情報の中から回答される仕組みになっていましたが、これからは「HAWAIICO」アプリ内で日々新たに増え続ける記事情報の中から最も関連する情報を「マカナちゃん」が提案します。これは、IBM Watsonの情報探索(Discovery)機能を活用することで、事前に学習していない情報に対してもリアルタイムに探し出し、迅速に提供することが可能になったためです。

JALは同社のホームページにおいて2016年12月に「マカナちゃん」のサービスを開始(*2)して以来、2017年7月には「トリップアドバイザー」との情報連携および「IBM Watson」の性格分析(Personality Insight)機能を活用して情報を充実させ、同年12月からは画像認識(Visual Recognition)機能を活用しておすすめスポットを提案するなど、2 年にわたりサービス向上を図ってまいりました。

(*2)2016年12月5日付プレスリリース 『「IBM Watson」を活用し、JALバーチャルアシスタントサービス開始』

JALは今後も「マカナちゃん」のサービス向上などを通じて、ハワイでの滞在をより楽しんでいただけるよう、さまざまなチャレンジを続けてまいります。

「マカナちゃん」アクセス方法

URL:http://www.jal.co.jp/inter/makana/index.html

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です