エンゼルス大谷翔平、代打で13号3ラン! 豪快スイングでバックスクリーン左に叩き込む!

エンゼルス大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地レンジャーズ戦に代打出場し、バックスクリーンに13号3ランを叩き込んだ。飛距離410フィート(約125メートル)の大飛球に地元ファンは大興奮。「何てショットだ」「何たる芸術」とツイッター上で称賛の声を挙げている。full-count 引用

 

 

圧倒的な勝負強さを見せつけた。7回1死一、二塁の絶好機で代打で登場した大谷はレンジャーズ右腕のバトラーと対戦。カウント2-1から4球目の時速94.5マイル(約152キロ)の高め速球に、珍しく豪快なアッパースイング炸裂。打球はグングン伸び、バックスクリーン左に飛び込んだ。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です