MBL エンゼルス大谷翔平 10、11号含む初の4安打!

エンゼルス大谷翔平投手(24)が「3番DH」で先発出場。大谷のスタメンは3試合ぶりで、「3番」はメジャー移籍後初。10、11号を含む5打数4安打3打点の活躍で勝利に貢献した。日刊スポーツ引用

 

 

インディアンス対エンゼルス 試合前、キャッチボールをするエンゼルス大谷(撮影・菅敏)

 

 

1回1死一塁 1ストライクからの2球目、155キロ直球を左翼席へ先制10号2ラン。メジャー1年目で10号は日本人7人目。敵地では初本塁打となった

 

 

3回1死走者なし フルカウントから6球目151キロ直球を右中間へ2打席連発となる11号同点ソロ。1試合2発はメジャーでは初めて!5回2死一塁 カウント1-2から4球目142キロチェンジアップを打って二ゴロ。一塁まで全力疾走、タイムは3秒79

 

 

8回1死走者なし カウント1-0から2球目内角145キロに詰まりながらも左前安打。3安打は4月3日のインディアンス戦以来2度目

 

 

インディアンス対エンゼルス 8回表エンゼルス1死一塁、打者プホルスの時、二盗を決めるエンゼルス大谷(撮影・菅敏)

 

 

9回先頭打者 カウント2-2から5球目135キロチェンジアップを軽打し中前安打。1試合4安打はメジャーで初めて。打率を2割7分2厘まで上げた。世界のスーパースター、大谷翔平は本当に凄いといしか言いようがないですね!

<インディアンス4-7エンゼルス>◇3日(日本時間4日)◇プログレッシブフィールド

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です