【MLB】大谷、内野安打→トラウト同点打で生還 地元ファン「美しいベースボール」

エンゼルスの大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、本拠地ロイヤルズ戦に代打出場し、二塁内野安打を放った。その後、トラウトのタイムリーで同点のホームを踏んだ二刀流右腕。直後にプホルスの適時打で勝ち越したチームは一度は追いつかれたものの、8回にトラウトが決勝打を放ち、9-6で競り勝った。

逆転勝利に貢献した大谷が内野安打で見せたスピード。地元ファンは「速報 オオタニは速い」「美しいストライドにエリートクラスのスピード」「もう史上最高のお気に入り選手」と喜びを隠せない。full-count引用

 

 

4-5で迎えた6回1死走者なしの場面。代打で出場した大谷は、ロイヤルズ2番手右腕のマッカーシーと対戦。カウント2-1から4球目92.7マイル(約149キロ)の外角低めツーシームにバットを出した。右寄りに守る大谷シフトの間を抜けた打球は二塁内野安打に。2戦連続安打を記録した。

地元局「FOXスポーツ・ウェスト」はツイッターで大谷の内野安打の動画を公開。MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」の専門記者デビッド・アドラー氏も、ツイッターで大谷の足の速さが秒速8.72メートル(時速に換算して約31.39キロ)を記録したことを速報した。

その韋駄天ぶりに地元ファンは興奮し、湧き上がったエンゼルスタジアムに呼応するようにツイッターでは称賛の声が次々と上がった。

オオタニ速い!またまたやってくれました、我らがヒーロー!!

世界最大の口コミ旅行サイト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です