大谷、マー君との初対決は完敗 2打数無安打2三振1四球 自身初の3試合連続無安打 !

大谷、マー君との初対決は完敗 2打数無安打2三振1四球 自身初の3試合連続無安打 ! と残念な結果に終わりました。今回はメジャーリーグの先輩、田中将大投手に軍配が上がったようですね。デイリースポーツ/神戸新聞社引用

 

© デイリースポーツ/神戸新聞社 ヤンキース戦の6回、空振り三振に倒れるエンゼルス・大谷。投手田中=ニューヨーク…

「ヤンキース3-1エンゼルス」(27日、ニューヨーク)

エンゼルスの大谷翔平投手(23)がヤンキース戦に「4番・指名打者」で出場し、2打数ノーヒット、2三振、2四球だった。ヤンキースの田中将大投手(29)とメジャーで初対決し、2三振1四球と完敗。最終打席で守護神チャプマンから四球を選んだ。打者出場30試合目(代打3試合含む)にして初めての3試合連続無安打で、打率は・291まで落ちた。

メジャー移籍後初の6試合連続出場となった大谷の第1打席は初回。2死一塁の場面で、敵地のファンの激しいブーイングに迎えられて打席へ。初球は外角低めへスプリットを見送りボール。その後、3ボール1ストライクと打者有利のカウントになったものの、甘いスライダーにタイミングが合わず空振り。続く6球目は内角へのスライダーにバットは空を切った。

第2打席は0-3と3点を追う三回、無死一塁。初球、2球目とボール。3球目のワンバウンドになるスプリットに思わずバットが出て空振り。しかし、4球目のストレート、5球目のスライダーを冷静に見送って、一塁へ歩いた。

第3打席は六回一死。3番のシモンズが左翼席へソロアーチを放ち、1点を返した直後の打席。初球のストレートを見送り、ボール。2球目のスライダーを空振り。続く3球目はストレートが外角低めに決まり、追い込まれると、最後は142キロのスプリットにまたしてもバットが空を切った。

田中とは、日本ハムのルーキーだった13年9月以来、約5年ぶりの対決。日本での対戦成績は11打数無安打、2四死球、6三振と完璧に抑えられていたが、この日も田中に抑え込まれた。

第4打席は九回。先頭打者として、チャプマンと2度目の対戦。25日の対戦では164キロのストレートに遊ゴロに倒れていた。初球の158キロをファウルにすると、その後3球選んで3ボール1ストライク。5球目の外角への160キロをファウルにすると、続く162キロを選んで、この日2つ目の四球で出塁した。

大谷が4番に入るのは11日のツインズ戦以来、今季3度目。休養日を与えられたプホルスの代役として起用された。

大谷×田中の対決は約5年振り!2人の日本人対決がこんなに大きく取り上げられる事を、誇りに思います。調子がいい時もあれば悪い時もあるから人間は面白い、今後の2人の活躍を見守りたいと思います。

世界最大の口コミ旅行サイト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です