エンゼルス大谷翔平またまたやってくれました!九回に4試合ぶり6号本塁打⚾

「エンゼルス1-7レイズ」(17日、アナハイム) エンゼルスの大谷翔平投手は「5番・DH」で先発出場し、九回に6号ソロ本塁打を放った。10日のツインズ戦以来、打者出場では4試合ぶりの一発となった。前日16日はアストロズのバーランダーに4打数無安打3三振に終わった大谷は、レイズの開幕投手を務めたメジャー通算53勝右腕、アーチャーと初対戦。デイリースポーツ/神戸新聞社 引用

 

© デイリースポーツ/神戸新聞社 レイズ戦の9回、中越えに6号ソロを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(提供・共同通信社)

二回は先頭で打席に入り、カウント2-2からの真ん中の甘い直球を打ったが二ゴロ。四回の第2打席も先頭打者。カウント0-2からストレートを打って、詰まった左飛に倒れた。六回の第3打席は2死一塁で初球を打って一ゴロに終わった。

 

投手が右腕プルイットに代わり、7点ビハインドで迎えた九回1死の第4打席。カウント1-1からの真ん中直球をはじき返すと、高々と舞い上がった打球は中堅スタンドへと吸い込まれた。

 

試合後、大谷は「この流れをあしたにつなげたい。ホームランを狙うというのはなかった。もっともっと早い段階で打っていれば結果が違ったと思う」と振り返った。

 

メジャーリーグで、こんなに早く活躍できる選手はなかなか居ないですね。しかも二刀流なんて日本人選手を見ても世界を見ても、今の時代になかなかいないでしょう!彼はアメリカに渡る前も、渡米してからも、先を読んだ観察力・分析・そしてシュミレーションを何度も繰り返し、目標達成シートで分析をしているそう。若いのにすばらしい姿勢ですよね。そんな大谷翔平選手の活躍を今後も応援していきたいと思います!

世界最大の口コミ旅行サイト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です